合唱曲ゆかりの地紹介


はじめに

合唱曲の中には、地域土着の民謡や、土地の自然を主題とした楽曲など、様々な土地にゆかりのある曲が沢山あります。

このページでは、特に東葛合唱祭で歌われている合唱曲の中から、実在の土地・地域にゆかりのある曲と、その土地との繋がりなどを紹介します。

 

メニュー

 以下は、東葛合唱祭で歌われている合唱曲にゆかりのある土地の一覧です。
 リンク先をクリックすると、合唱曲の名前と簡単な解説が閲覧できます。
 土地名だけでどの合唱曲か全部分かった人は、合唱祭マスター!!?




↓   ↓   ↓   ここから本編   ↓   ↓   ↓


 

北海道 積丹~余市地方 「ソーラン節」

超有名な北海道民謡。
北海道の日本海沿岸を中心に歌われているが、発祥は積丹半島~余市地方。



 

北海道 塘路湖沿岸 「菱の実祭」

菱の実祭(ぺカンペカムイノミ)とは、北海道・釧路川流域の塘路湖沿岸に住むアイヌの人々が、秋になって菱の実が沢山獲れたことに感謝する収穫祭。



 

北海道 白糠町 「鯨祭」

北海道・白糠町に古くから伝わる鯨祭(フンペ・カムイ)は、浜にクジラが打ち上がり、天の恵みに感謝して歌い踊るお祭り。
以下の記事に、白糠アイヌ文化保存会会長さんのインタビューが載っているので、興味のある方は是非ご一読あれ。



 

青森県 三戸地方 「俵積み唄」

青森県南部地方・三戸郡の民謡。
「門付唄」という分類の民謡で、家の門口や座敷を訪れ、太鼓や三味線ともに舞などを披露し金品を受け取る大道芸の際に歌われる。
特に三戸の「俵積み唄」は、正月や節分などの季節の節目に家々を回り、家の主人や家族を褒めちぎるお目出度い芸を披露する時に歌われていた。
平たく言うと「たいこ持ち民謡」。



 

青森県 津軽地方 「あいや節幻想曲」

ねぶたで有名な津軽地方に広く伝わる「アイヤ節」を題材にした曲。
津軽の冬の厳しさ、夏のねぶた祭りの盛り上がりを歌っている。
尚、曲中の「ラッセラー」というかけ声は、特に有名な青森ねぶた(青森市)のもの。



 

岩手県 奥州市江刺区田原 「原體剣舞連」

作詩を手がけた宮澤賢治が、岩手県江刺の原体地区(現・奥州市江刺区田原)を訪れ、そこで古くから伝わる民俗舞踊・原体剣舞を観て、歌詞となる詩を書き上げた。
原体剣舞は、踊り手に「信坊子」「信者」「亡者」の役の全てを子供達が演じ、その純真無垢で清らかさにより先祖の霊を鎮めようと伝えられてきた念仏踊りの一種であると言われている。



 

宮城県・山形県 蔵王連峰 「蔵王」

題名の通り、東北の大名山・蔵王山を主題としている。
冬の樹氷林などは観光地としても非常に有名。



 

宮城県 松島 「斎太郎節~大漁唄い込み~」

日本三景のひとつ、宮城の松島に伝わる民謡。漁をする際の櫓こぎ唄、またはカツオ漁水揚げの祝い唄として歌われていた。
副題として「~大漁唄い込み~」とあるが、これは大正~昭和初期にかけて後藤桃水という民謡研究家によって「斎太郎節(さいたらぶし)」をはじめとした3曲の宮城民謡をアレンジして作られた曲「大漁唄い込み」に由来する。
全国的には「大漁唄い込み」の方が圧倒的に有名で、松下耕により合唱編曲もされている。(俵積み唄やソーラン節と同じ曲集「北へ」に収録)



 

新潟県 糸魚川市親不知 「親知らず子知らず」

これまた題名の通り、新潟県糸魚川市にある崖「親不知」を主題とした曲。
正確には、糸魚川市の市振地区~歌地区沿いの崖が「親不知」、歌地区~勝山地区沿いの崖が「子不知」と呼ばれている。
古くから交通の難所として知られ、平家の落人を追った妻が子供を連れてこの場所に差しかかった際、高波に子供がさらわれてしまう……という伝承がある。
この曲は、その伝承を基に作られている。



 

富山県 五箇山地方 「むぎや」「こきりこ」

収録されている曲集の名前も「富山に伝わる3つの民謡」とあるように、越中富山の民謡である。
うち「むぎや(麦屋節)」と「こきりこ(こきりこ節)」の2曲は、五箇山地方で唄い継がれている。
(因みに、むぎや・こきりこの合唱2曲とも歌詞に「五箇山」という言葉が出てくる)
五箇山地方は、世界遺産・合掌造りの里として極めて有名な場所である。
むぎや節やこきりこ節も、重要な観光資源の1つとして演奏会や民謡祭りなどが頻繁に催されている。



 

富山市 富山市八尾地方 「越中おわら」

「むぎや」「こきりこ」と共に「富山に伝わる3つの民謡」に収録されている曲で、富山県富山市八尾地方の伝統行事「おわら風の盆」で歌われる民謡。
歌詞に『二百十日の大風吹くな』とあるように、二百十日(立春から数えて210日目)にあたる、毎年9月1日頃に多い台風を鎮める祈りの意味がこめられている。
「おわら風の盆」は、現在は毎年9月1日~3日に開催され、3日間で約25万人が訪れる全国有数の祭りである。



 

三重県 伊勢神宮 「お伊勢まいり」

もはや説明不要。
歌詞に伊勢の名所や名物が沢山登場するので、実際にお伊勢まいりをした時は色々と探してみるといいかも?



 

愛知県 北設楽郡 「土の祭事」

「土の祭事」は、組曲「花之伝言(はなのことづて)~中部地方の祭事による~」の題にある通り、中部地方の祭りを由来とした曲である。
「土の祭事」は2種類の祭りで歌われる唄を1つの合唱曲にまとめたもので、そのうちの1つは、愛知県北設楽郡の「花祭り」のセイト衆が歌う唄。セイト衆は舞手の周りに居る観衆で、「テホへ」に代表される独特の唄や掛け声で舞手を励まし、祭りを盛り上げている。



 

岐阜県 飛騨市古川町 「土の祭事」

前述した「土の祭事」の由来となるもう一つの祭りが、岐阜県 飛騨郡古川町の 「起し太鼓」である。
国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統神事「古川祭」で行われる行事 の一つで、男性達の力強い櫓太鼓の競り合いは大迫力。
歌詞にもある通りの「若い男の裸の祈り」である。
その迫力は下記の公式サイトを見ると更に解るので、こちらも併せて紹介する。



 

広島県 広島市 「川よ とわに美しく」

同題の組曲「川よ とわに美しく」は、原爆投下から復興へ向かうまでの広島を題材とした曲。
登場する歌詞「それはデルタを貫く川だった」から、三角州を中心に市街地が形成されている広島市のことが容易に類推できる。また、この曲の「川」とは広島市内を流れる太田川のことである。
尚、広島原爆を題材とした合唱曲は他にも数多くあり、林光作曲の「原爆小景」 などが挙げられる。



 

徳島県 小松島市田浦町 「蹈鞴」

阿波地方(徳島)の男達が、製鉄業に勤しむ際の労働歌として古くから唱われていた「たたら音頭」や「たたら節」の中から、歌詞を断片的に選び出して作られた曲である。
(そのため、メロディーの多くが元の民謡とは異なっている)



 

長崎県 黒島 「十字架の島」

九州地方は玄海灘に面する隠れキリシタンの里での迫害や信仰を描いた曲。
歌詞には「玄海灘の荒波寄せる 小さな孤島 黒島」とあり、実際に長崎県佐世保市に黒島という島があり、そこには弾圧を逃れたキリシタン達が暮らしていた。
但し、実在の黒島はそもそも玄海灘に面していなかったり、殉教するほどの強い弾圧は無かった(歌詞では「殉教の島」とある)ことから、史実をそのまま扱っているわけではなく、黒島をモチーフのひとつとして描かれた曲ではないか、とも言われる。
尚、同じく長崎県には生月島という隠れキリシタンの里があり、強い弾圧から殉教者が多く出たと伝わっている。「悲しい伝説」という観点では、こちらの方が曲に近いかもしれない。因みに生月島の方が黒島よりもかなり玄海灘寄りに位置している。(完全に面しているわけではなく、厳密に玄海灘と定義された場所からは外れている)



 

熊本県 阿蘇地方~有明海 「筑後川」

九州の大河川、筑後川を主題とした曲。
阿蘇山の源流から、有明海に注ぐ河口までの雄大な川の自然を歌っている。



 

沖縄県 竹富島 「南海にて」

日本民謡による混声合唱のためのコンポジション「南へ」に収録された曲で、沖縄地方の有名な民謡2つを1曲にまとめている。
そのうち1つは沖縄県竹富島で歌い継がれる「安里屋(あさとや)ユンタ」。
ゆったりとしたおだやかな曲調は、竹富島の明るく静かな自然を連想させる。
今でも竹富島では地域の集会や学校の授業などで歌われていて、島民に深く愛されている。
尚、作曲者の松下耕は、この「南海にて」とは別に「安里屋ユンタ」単体でも合唱を作曲している。(狩俣ぬくいちゃと同じ曲集「八重山・宮古の三つの島唄」に収録)



 

沖縄県 恩納村 「南海にて」

前述した「南海にて」の基となったもう1つの曲「谷茶前節(たんちゃめぶし)」は、沖縄県恩納村に伝わる民謡。
「谷茶前節」は恩納村の海岸・谷茶前での漁を題材とし、250年ほど前に万座毛(まんざもう)という地区に立ち寄った琉球王を歓待するために作られた曲と伝えられている。
思わず踊りたくなるノリのよい曲調は、まさに祭りに相応しい一曲である。



 

沖縄県 宮古島狩俣地区 「狩俣ぬくいちゃ」

沖縄県宮古島の民謡「クイチャー」のうち、狩俣地区に伝わるものが基となっている。
「クイチャー」は人々が円陣を組み、「ニノヨイサッサ」とかけ声をかけ、揃いの踊りを踊りながら歌われる。
合唱編曲同様、実際の民謡でも楽器は使わずアカペラで歌われるのが特徴。



 

ミクロネシア連邦 ポンペイ島 「ティオの夜の旅」

歌詞に登場する「ティオの島」とは、ミクロネシア連邦のポンペイ島という実在の島である。
作詩者・池澤夏樹はティオの詩を書いた後に「南の島のティオ」という若年層向けの小説を執筆している。その小説には、主人公の少年・ティオをはじめとした、合唱「ティオの夜の旅」にも通じる自然・人工物を問わない島の景観(丘の上の放送局など)が描かれている。
「南の島のティオ」でかかれている島の様子は、実在のポンペイ島と共通している部分も多い。(「南の島のティオ」に付属する舞台地図は、ポンペイ島の実際の形とよく似ている、など)
「ティオの夜の旅」を歌ったり聴いたりする際は、自然と文明(あと少しだけ不思議な現象)が入り交じった、のどかなミクロネシアのティオの島に思いを馳せてはいかがだろうか。



  • 最終更新:2015-09-03 01:04:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード